TJK Life
BLOG

学習・進路

第3回 進路学習会

2007年度卒業生の大尾侑子さんを講師としてお招きして生徒対象の進路講演会を行いました。大尾さんは東京大学大学院学際情報学府にて修士号・博士号を取得し、日本学術振興会特別研究員、桃山学院大学社会学部準教授を経て、東京経済大学コミュニケーション学部準教授として活躍されています。今回の公演テーマは『〈趣味〉から考える自己と社会』で、趣味を通して自己や社会を見つめることはこれからの人生を豊かにする貴重な機会になるということをお話しくださいました。以下は、聴講した生徒の感想です。

いつも進路学習会はとても自分のためになる話をしてくださるのでありがたいと思いました。まだ中一で特に入りたい学部はないのですが、今回のお話を参考にしたいと思います。(中1生徒)

私はこの進路学習会で、自分の「好き」や「趣味」は将来やこの先の未来の自分へ大きな自信と力を生み出すものなんだなと強く思いました。さらにグループワークで様々な人の意見を聞くことができてとても楽しかったです。(中2生徒)

なぜ学校が「品性」を育てる教育をしているのかなど、なんとなく思っていた疑問が明確になり、かつかなり考えが深まってよかったです。また大学で社会学を学びたいという意思がより高まりました。(高一生徒)

今の時点でできることをして、常に社会へのアンテナを張ることや疑問を社会と結びつけながら考えてみることが大切だなと感じました。今の日本は世界からどんどん置いていかれているような気がするけれど、もっとどのように世界へ目を向けるべきか知りたいです。(高一生徒)