制服・校章・校歌 GUIDE

制服

「イギリスでは高貴な人は白を着る」。
制服を制定する際に大きな力を発揮された英国生まれのドロセア.E.トロットの言葉です。
D.E.トロットは1910(明治43)年から1957(昭和32)年まで、戦争の期間を除き、実に47年間本校に在職なさいました。

東京女学館小学校の制服は昭和5年に中高校と同時に白いセーラー服と定められました。
冬も夏も白いセーラー服に紺のスカートとし、胸元には赤いシルクのリボンがアクセントになっています。

小学校では、季節や環境に対応して快適な学校生活が送れるよう、制服のほかに長袖と半袖の合服、ワンピース型の準制服があります。
仕立ては出入りの洋服屋さんがて自宅まで出向いて採寸してくれます。
また校内に出店があり、寸法直しなどに対応してくれます。

6月から9月まで着用許可されている準制服(中央)と5月から10月に着用可能な合服と半袖

校章

東京女学館校歌

尾上柴舟  作詞
小松耕輔  作曲

開化のひかげあたらしく  ふたたび来つるあけぼのに
てらしわたれる虎の門 生れあひたる友とわれ
つらねて入りしむらさきの  正しく清くしとやかに
袖のにほひもむかしにて 明るくつよくすこやかに
うつろふ鳥のはねざはの こころをみがき身をきたへ
みどりにはゆる学びやに あさよりひるとめぐらせて
くつおとかろく通ひきて 平和のひかりくまなくて
集ふ日ごとのたのしさよ 夕べをしらぬくにとせむ

ここをクリックすると校歌が流れます(mp3ファイル)

現在の校歌(館歌)が制定されたのは終戦間もない昭和23年(1948)です。女学館創立60周年記念式で初めてこの校歌が披露されました。

作詞の尾上柴舟先生は明治9年(1876)岡山県津山生まれの歌人・国文学者・書家です。東京帝国大学卒業後、東京女子高等師範、学習院の教授を歴任。
校歌を作詞したこの年は72歳で、東京女学館の講師として古今和歌集・新古今和歌集を講じ、書道の指導もされていました。(昭和22年から27年まで)
作曲の小松耕輔先生は明治17年(1884)秋田県生まれの作曲家。日本初のオペラ「羽衣」の作曲者として著名です。